真心込めた住宅作り、湘南や平塚で注文住宅なら有限会社 伊藤建築にお任せ下さい。

外断熱空間から外遮熱断熱空間へ

・夏涼しく、冬暖かい、魔法瓶の様な活躍
・輻射熱の事熱移動
・不熱材

夏の住宅はレンジの中

夏場の建物が得る熱量の80%は屋根からの太陽熱といわれています。実際に夏場の屋根は太陽の電磁波で発熱し50~70℃位に上昇しています。この屋根がさらに家の中の壁、天井などに輻射熱を放射して表面温度を上げて行きます。夏の夜、気温が35℃から25℃に下がったにも拘らず暑く感じ、寝苦しいのは、この熱を持った屋根、壁、天井などからの輻射熱を体が感じるからです。

対策

建物における熱の移動の割合は、伝導、対流、輻射熱の3要素の内輻射熱による移動が全体の72~75%といわれています。アストロホイルで家を覆うことにより、輻射熱の97%を反射遮熱することができます。夏は涼しく 冬は暖かく

実験で証明された屋根の侵入熱量カット

アストロ-E(厚み4mm、5層構成)
(財)健在試験センターの実験で、
通過熱量マイナス36~49%  温度差マイナス1.9~4.4℃
の実験結果が得られています。この結果から導き出されることは、アストロ-Eを採用した日本の平均的な屋根面積を持つ住宅では、通常のエアコン1台が不要ということになり、結果として月々の電気代の節約が期待できます。

イベント

施行例

会社概要