真心込めた住宅作り、湘南や平塚で注文住宅なら有限会社 伊藤建築にお任せ下さい。

珪藻土とは

植物性プランクトン( 珪藻 )が、長年にわたり、海草や湖底に体積して、化石化したものです。昔から七輪の材料や、ビールのろ過材として利用されています。 ナノメートル単位の微細な孔が無数に並ぶ「超多孔質構造」を持つため結露を抑え住まいを快適保ちます。

珪藻土の優れた特徴

天井・壁が呼吸し、快適湿度の室内空間を保ちます。

吸・放湿機能が大きく、自律的に呼吸し続けるため、半永久的に調湿機能を発揮して、部屋の中を快適な湿度に調整していきます。

結露を防ぎ、快適湿度の室内空間を保ちます。

優れた調湿性・吸水性によって壁内外の結露を防ぎ、カビやダニの発生を抑制します。

気になる生活臭を吸着・脱臭します。

タバコやペットの臭いなど家の中の生活臭や有害成分を吸着・脱臭する働きをします。

断熱・保温効果で、夏は涼しく、冬は暖かく。

無数の気孔が空気の層となり、外気温に影響されにくい室内環境が得られます。

優れた耐火性にも定評があります。

有害成分がなく不燃性で、七輪の原材料としても使用されています。

室内の音の反響を抑える効果もあります。

地下室などの音の反響にお悩みの方にもお勧めできます。

本物の珪藻土建材を選ぶポイント

『細孔』の大きさ

調湿材の吸放湿機能は、細孔の分類でメソポア( 直径2~50nm )と呼ばれる細孔が持つ特有の機能です。メソポアより大きいマクロポアには吸放湿機能は、そのものが無く、それより小さいミクロポアは一方的に吸湿するだけですから放湿しません。
このように、調湿機能はナノサイズで定義できる細孔特有の機能ですから、調湿材はまさにナノマテリアルと言えます。

当社使用の珪藻土

調湿に最も適した、細孔の大きさ。

イベント

施行例

会社概要